見破られる?人間が嘘をつくときの特徴5つ

pexels-photo

 

ドラマなどでたびたび登場する「ウソ発見器」には完全に嘘を見抜くことはできないといわれている。感情の昂ぶりが測定できるため、ある程度の物差しにはなるという。

機械でみぬけないのならば、人間の動作ではどうだろうか?心理学者達が実験を繰り返して、人間が嘘をつくときの動作がわかってきたということだ。

① 女性は相手の目を見つめて男性は目をそらす傾向がある

嘘がばれるとまずい・・・こう言った場合に、女性は自分の嘘がバレなかったかどうか相手の表情を観察して確認をするという。男性の場合は嘘に罪悪感を感じることが多く、相手の顔を見ることができなくなってしまうということだ。

もし女性が貴方の目をじっと見つめてきて「私を信じられないの?」と質問してきた場合は警戒したほうがいいかもしれない。(笑)

② 嘘をつくと不自然な表情になる

嘘がばれないようにと、内心は心臓が爆発しそうになっている。そんなときに心から笑える人間がいるだろうか?人間が自然に笑顔になるときは顔全体の筋肉が緩むのだ。だが、嘘をついている場合は目だけが笑っていて、顔の筋肉がついていかない。そうやってアンバランスな表情を浮かべてしまうのだ。

③ そわそわして落ち着かない

早くこの場から脱出したいと思っている。そんな気持ちが態度にも表れて、貧乏ゆすりをしたり、必要以上に足を組み替えたりもする。

④ 手で口や鼻を何気なくさわってしまう

嘘を隠そう、ばれないようにしようと自分の口を押えてしまう。無意識で本心を伝えることを恐れているため、逆に分かりやすいことをしてしまう。

⑤ 手を隠そうとするか指先が落ち着きなく動いている

自分の心を読まれないようにポケットに手をつっこんだり、逆にガチガチに硬直してしまっていることも多い。

まとめ

以上簡単ではあるが、人間が嘘をつくときに隠し切れない特徴をまとめてみた。誰かと対峙する時や、恋人、友人などが怪しいと感じた場合などに参考にするといいだろう。

また、自分がウソをついてしまい、どうにかしてその場を乗り切りたいときなど、5つのポイントを意識して出さないようにすることで、局面を乗り切れるかもしれない。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'the_post_navigation' not found or invalid function name in /home/u841327614/public_html/wp-includes/plugin.php on line 505

Leave your comment